スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ALSフランス文学そして妻』を見て

当ブログに訪問いただきありがとうございます。


NHK教育番組にチャンネルを合わせたら偶然にも
福祉ネットワークの番組をやっていて、
ALSフランス文学そして妻』という
テーマでかの有名な篠沢秀夫フランス文学者がテレビの
画面に映し出された。


全身の筋力が失われる進行性の難病(ALS)を患いのど元には
人工呼吸器をつけての療養生活を送っていた。


篠沢さんは学習院大学教授でもあったけれども
遠い過去の話ですが、大橋巨泉が司会を務める番組
クイズダービー』に出演されていて、当時の迷回答ぶりや
人懐っこい面影は今でも覚えています。

ベッドの中の篠沢秀夫さんと教授を支える妻

奥さんの明るい性格に気が休まるというか、すごく安心感を
感じますね。

会話は筆談ではあったが、教授も奥さんの事を
『トンチンカンだけども明るくていい』と仰ってた。

そういう良き伴侶が暖かく見守ってくれて、教授は幸せだと思う。

篠沢教授はベッドの中での身振り、表情が可愛いというかお茶目の要素が
あり昔と同じだな、と思った。

今でもパソコンで意欲的に執筆に励んでいる。


『一歩一歩前進、その気持ちで生きる』



下記バナーをクリックしていただくと
ランキングポイントに加点されます。
応援していただくと、とても励みになります。
応援クリックよろしくお願い致します。    
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ブログランキングに参加中
応援よろしくお願いします
フリーエリア
リンク
エディタ・コミュニティ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
プロフィール
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
オートリンクネット
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。