スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車のハンドル高さ調整

季節は巡り今年も桜の花が元気よく咲き誇っています。

P4270119.jpg
市役所前の桜


毎年あたりまえのように、たくましく、やさしく花を咲かせ
私たちの目を楽しませてくれます。気分がいいですね


木々や花もそうだが、子供も気が付くといつのまにか成長し自分と同じ
高さくらいに身長が伸びてきている。

きっと来年は追い抜かれるであろうと、思うと・・・うれしい。


子供が通学用で使っている自転車。
子供の成長とともに自転車各部の高さ調整が必要になってきました。

自転車は快適な状態で乗ってもらいたいものですよね。

そこで今回、自転車の改造(高さ調整)にチャレンジして見ました。

まず、サドルの高さ調整はすぐできたが、
ハンドルの高さ調整は初めはなかなかわかりませんでした。


P4260113.jpg

工具は六角レンチ(対辺6mm)
プラスドライバー
とんかち
IMG_6306.jpg

ハンドル中央部辺りに六角ボルトがあるのでそこのボルトを
六角レンチで約4回くらい回してゆるめる
P4260112.jpg

ゆるめた六角ボルトの頭にプラスドライバーを当て
トンカチでコンコンッと2,3回たたく
P4260110.jpg

六角ボルトをたたいて、なんでハンドルが外せるんだろうと疑いながら
前輪のタイヤをまたに挟んでハンドルをぐにゅぐにゅと動かすと
なんと!!ハンドルが外れたではありませんか。
(ハンドルを完全に外す必要はありません。ハンドルの下側の状況を確認するために
今回はハンドルを外しました。おかげでハンドル調整の仕組みが分かりました。)
P4260111.jpg
ハンドルの下端は斜めになっていてその下に先ほどの六角ボルトの
ボルトがのびて固定用の斜めの部品を止めているようだ。


一旦外したハンドルを元に戻し高さを調整してゆるめた六角ボルトを
しっかりと締める。以上でOKです。
P4260116.jpg
高さを約3.5cm高くしました。

手作りの郵便ポスト

4月に入って2日目、今日も晴れのよい天気です。
北国では貴重な青空。

東京では桜満開の春真っ盛りですが、
こちらでは空気はまだまだ冷たくて、冬服の
ジャンバーがなかなか手放せません。

しかし、家の周囲からやっと雪が消え我が家の花壇にも
春がやってきました。!!
うれしいですね
春


さてさて内容はがらっと変わって家の玄関横の郵便受けが
このようになっているので・・・・
郵便受け
郵便受けの窓の大きさが(33mm×180mm)なので、
大きい郵便物が入りません。

う~ん困った・・・と、思い

下の画像のような郵便ポストを作ってみました。

右足と左足の様子がちょっと違うんだけど??

それは、玄関ドアを開けた時に足の一部がぶつかってしまう為
つっかえ棒をとっちゃいました。
郵便ポスト1

斜め上からみるとこんな具合です。
郵便ポスト3

フタがガバっと開くんです。
(開閉部の蝶番代わりにちょっとしたアイデアが入っています)
窓の大きさが50mm×270mmなのでA4サイズの
雑誌などが楽に入りますよ。
郵便ポスト2
郵便局の局員さんや宅配便のドライバーさんにも
喜んで?利用していただいています。


おまけに前のドアも上へスライドができるんです!!
郵便ポスト4

【反省点】
構想、設計から製作まで約1か月と、だらだらと時間が
掛かってしまいましたが、作っていく内に設計図と
大分違う形になっていきました。
(設計図はあっても無いのも同然)
二度と同じものが作れない


のこぎりで木材のカットをするのだが、
切り口ががきれいに直角にならない
(カットする度にやすり掛けが必要)

SLが我が街を走る

2013年10/12~14の3日間ではあったが、
SL秋田こまち号が秋田~横手間を運行した。

秋田デスティネーションキャンペーン(秋田DC)期間中
のイベントとしてSL C6120がJR奥羽線を
走ったのである。

旧型客車6両に定員464名を乗せて・・・

私は残念ながら傍観者ではあったが、
走る雄姿が見れる特権があったから満足しなくちゃ。


大曲駅から約5km離れている我が家でもSLの胸を躍らすような
たくましい汽笛が聞こえてくるのである。
汽笛が聞こえるたびに居たたまれなくなって、とうとう最終日に
ビューポイントへ車を走らせた。


この静かな街で大音響の音と言えば、全国花火競技大会の
アナウンスや流れてくる音楽、花火の音くらいなものだ。

SL1.jpg
丸子町から大曲駅方面を見て


SL2.jpg
2014年5月開院予定の現在建築中の大曲厚生医療センターをバックに

SL3.jpg


SL4.jpg
丸子川を渡るSL秋田こまち号





冬本番がやってきた

12月に入って2週間。
冬本番の寒波がやってきました。

PC150081.jpg

PC150082.jpg

PC150080.jpg


厳しい冬を迎えるにあたり、前年の雪対策の反省を踏まえて
今年は早々と雪囲いの準備を進めてきました。

雪囲いといっても怖いのは雪ではないのです。
カチカチに凍ったツララや、氷の塊が傾斜のある隣家の屋根の縁より
滑り台から滑走するように我が家に向かって落下してくるのです。

PC150079.jpg


その落下した氷のかたまりで、窓ガラスが割れたり、壁にきずがついたり・・・と
もう!自然の脅威です。

さあ、今年の雪囲い対策の効果はどうなるか?
来年の春、判定しましょう。


栗ひろい

天気予報ではそろそろ雪マークが出始めた今日この頃
ワンテンポ遅れた記事で申し訳ない・・・です。時は10月初旬、天気よし、
とりあえず画像だけは保存してあったので、記事アップします。

所は大仙市北楢岡地区。駐車場近くの坂道の道端に群生する栗の木々。
ちょっと、その坂道を歩いていると時々、ころころころっ、と
何かが転がっている音が時々聞こえてくる。

木から落ちてきた栗が坂道を転がっているのです。
草むらに落ちた栗、側溝に落ちている栗,あっちこっちにいっぱい落ちています。

今日もポリ袋の半分位の収穫があったが、まだ木の枝にぶらさっげいる栗の実があるので、
明日以降には地球の重力に従い地面へ落ちるであろう思うと、今日は何もがんばらなくても
いいや、と気が緩む。そこが甘いんだよな。毎日誰かが、栗拾いに来ているのだ。

PA040061_convert_20131109215256.jpg

PA040064_convert_20131109214934.jpg

PA040067_convert_20131109215102.jpg
この青い空と白い雲

PA050069_convert_20131109215207.jpg
ブログランキングに参加中
応援よろしくお願いします
フリーエリア
リンク
エディタ・コミュニティ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
プロフィール
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
オートリンクネット
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。